パソコンのテキストを買って勉強したけど さっぱりわからない

テキスト買ってパソコンの勉強したけどなにもわからない

勉強しようと思ってせっかくテキストを買ったのに、いざやってみると何が何だかぜんぜんわからない。なぜだと思いますか。このブログを読むと、勉強方法が変わります。


スポンサーリンク


テキストの見方・使い方が違う

テキストの内容、気になるところしか読んでないのではありませんか?

さて、当パソコン教室に入会される方や相談に来られる方で、意外と多い事例なのですが、「テキストを買って勉強したけど、さっぱりわからない」と言う相談。
パソコン、Word、Excel、PowerPoint、Windowsと買うテキストの種類は様々ですが、色々とお話を聞くと、理由は皆さん同じで単純明快。
これは誰にでもあることだと思いますが、自分が気になっていて、覚えたいところだけを読むから分からなくなるのです。
気持ちは、本当によくわかります。実際に新しいところを勉強するときは、私もそうですから。でも皆さんは、それではだめなのです。

テキストは手前のページを理解していることが大前提

それではダメですよ!テキストは、手前のページを理解していることが大前提で作られています。

でも皆さんは、それではダメなのです。
私たちプロは知識があるうえでテキストを読むから、必要なところだけを読んでも理解ができるのですが、応用や資格対策のテキストは特に、基礎が理解できていて、かつ手前のページを理解したことが大前提で作られています。
表紙のタイトルに「簡単」とか「誰でもわかる」とか「すぐに理解ができる」とか書いてあるテキストはたくさんありますが、それはタイトルの手前に、「基礎がわかる人は!」もしくは「理解できる人」「知っている人」など見えない文字が付いていると思ってください。


参考記事>>エクセルを覚えるには「効率の良い、覚える順番」があります


テキストは後ろから読んではいけない

テキストは後ろから読んではだめ。前から順番に読んでいくのが基本。

最初の「テキストの見方が違う」でも触れていますが、知りたいところからや興味があるところから読んで理解できる人は、基礎がわかっている人なのです。
だから我々インストラクターは、必要なテキストだけを用意すればほぼ分かってしまいますが、このブログを読んでいただいている方は、なかなかそれは難しいと思います。
そのことから考えても、テキストは後ろ(気になるところや覚えたいところ、好きなところ)から読んではいけません。
手前から順番に読んでいくのが基本です。

例:例えば、VLOOKUPを覚えたい

例えばVLOOKUPを覚えたいとします 絶対参照は理解できていますか。絶対参照は何のために使うのですか。オートフィルは使いこなせますか。

例えば、VLOOKUPを覚えたいとします。
テキストでいきなりVLOOKUPのやり方を見ても、絶対参照が理解できていなかったら、わかるようになるまで苦労してしまうのです。
確実に覚えたければ、VLOOKUPはあとにして、先に絶対参照を理解すること。
また、絶対参照は、オートフィルを使うときに必要になることが多いのですが、なぜなのかが理解できなかったら、オートフィルから勉強すること。
オートフィルはフィルハンドルをドラック、もしくはダブルクリックするとコピーがかかるのですが、オートフィルの使い方は理解していますか。ここが理解できなかったら、コピー&貼り付けの仕組みから勉強すること。
コピー&貼り付けと書式のコピー/貼り付けの違いはわかりますか。この違いが分からなかったら、リボンの中の名称の違いと仕組みを覚えること。
と、いった感じで、自分が覚えたいことに対して、先に覚えておかなくてはいけないことがたくさんあるのです。

まとめ

なるほど!納得しました!テキストは1から順番に勉強するほうが良いのですね。

まとめとして、まず、ご自身が何をどこまで理解できているかを考え、スキルに合わせたテキストを使用しないと、テキストを読んでも分からない!ということになります。
ご自身の覚えたいところが解説してあるテキストを購入し、勉強しようとした場合、それ以前の内容は全て把握していることが大前提になっていることを覚えておいてください。
急ぐようであれば、その辺を掘り下げてから、たとえ一つのことだけを覚えるにしても、無駄になっても複数のテキストを買っておくことが近道となります。

実際には、基礎テキストの1から順番に覚えていくことが一番大切だと思います。
例え理解していることが出てきたとしても、復習の意味でも確認することが大切です。


テキストを飛ばして分からなくなってしまうよくある事例

●気になるタイトルから見ていくから、分からなくなる。
●自分の覚えたいところが気になって、他が身に入らない。
●どこから覚えても、同じだと思っている。
●分かっているつもりで飛ばしてしまったが、知らない重要なことが書いてあった。
●簡単なところは、見なくてもできると思っている。
などです。


スポンサーリンク