パソコン教室の選び方

パソコン教室に通いたいと思ったとき、あなたはどのような基準で選びますか。
パソコン教室は、各教室の考え方の違いで、いくつかのタイプに分かれています。
通おうとしている方に合ったパソコン教室を探すために、まずは、どのようにしたいにか明確にしておくことをおすすめします。
スキルや性格によって愛称が違いますので、ご確認ください。


スポンサーリンク


パソコン教室の受講タイプ

パソコン教室の受講方法は、いくつかのタイプに分かれます。
●テキストを使った個別受講
●テキストを使った一斉受講
●ビデオを使った個別受講
●1対1のマンツーマン受講
大きく分けてテキストを使った受講かビデオを使った受講に分かれ、そこからさらに枝分かれしていき実際にはもっと細かく分かれますが、殆どのパソコン教室が、この4タイプのどこかに当てはまります。

テキストを使った個別受講

テキストを使った個別受講は、各章ごとにインストラクターの説明とご自身の読解力によって受講を進めます。個人差はありますが、あらゆる力をつけるのに適している受講方法で、生徒様個別のスキルにも合わせられ、ご自身のペースで受講ができます。
それぞれのパソコン教室の方針によりばらつきはありますが、受講方法やカリキュラムを途中で変更できるのもメリット。
実務、実践や資格対策に、幅広く応用が利くようになります。

このタイプのパソコン教室は非常に多く、フランチャイズチェーン、個人経営、大手チェーンと、幅広く採用されており、幅広い方々に効果的な受講方法だと思われます。

テキストを使った一斉受講

テキストを使った一斉受講は、インストラクターがテキストの内容を、1対複数人に対して一斉に説明をしながら受講を進めます。学校の授業と同じとお考え下さい。
職業訓練や、地域で行われるセミナー型受講がこのタイプですが、一般のパソコン教室でこの受講方法を採用しているところは少ないです。
メリットは、常時説明されながらの受講となりますので、読むのが苦手な方やすでに一定以上のスキルを習得されている方には、適した受講と言えます。
デメリットは、自分のペースで進めることができません。
ご自身のペースに合っているときはよいですが、分からないとき、もしくはすでにご存じの内容の受講になったとき、ペースが乱れてくることが予想されます。
また、複数回受講予定の場合、途中で休んでしまったら、休んだところが分からなくなってしまいます。
補修受講は、パソコン教室により対応が違うので、事前に確認しておきましょう。

ビデオを使った個別受講

ビデオを使った個別受講は、事前に収録されたビデオをもとに受講を進めます。
同じグループであれば、全国どこの教室で受講しても、同じ品質の受講が受けられます。
パソコン教室にも人気のインストラクターがおり、全国どこの教室でも、同じインストラクターの受講が受けられます。※注意:パソコン教室はフランチャイズチェーンが多いので、全国どこの教室でもフリーで通える、と言うわけではないのでご注意ください。
メリットは、ビデオの解説通りに操作すれば必ずその通りになるので、既に一定のスキルをお持ちの方や、理解力の高い方は、非常に満足度が上がると思います。
デメリットは、ビデオの進行速度が自分に合わない場合や、言われていることが理解できない場合に苦労します。

1対1のマンツーマン受講

1対1のマンツーマン受講は、専門に行っているところは少ないのですが、オプションで幅広い教室が実施しています。
インストラクターが1人専任で着くので料金も高くなりますが、他の方を気にすることなく、インストラクターを独占して聞くことができるのが最大のメリットとなります。
インストラクターが1人体制のパソコン教室は、マンツーマンを予約できる時間が限定されていたりするので、事前に確認しておきましょう。
※注意:過去に「少人数制(最大4人)のマンツーマンレッスン」と書かれたパソコン教室の案内を目にしたことがあります。インストラクターが2人いたら話は別ですが、1人のインストラクターに対し、2人以上の生徒様で受講したらマンツーマンではありません。これは個別受講です。


>>他の記事もご覧ください


スポンサーリンク